副業の税金や申告をするための注意点

確定申告には2つの方法がある

確定申告といえば前年の所得に対する税金を決めるために行いますが、白色申告のほかに青色申告もあります。
青色申告といえば手続きがめんどくさくて避ける人が多いですが、課税対象所得を大きく減らせることがメリットです。

ただし、申告の方法によって支払う金額に大差がないともったいないもので、事前にどの方法が良いか確かめる必要があります。確定申告といえば経費がかかればきちんと申告をすれば節税ができますが、申請できる期間が限られているため注意が必要です。

また、書類を揃えたり作成するために手間や時間がかかり、今後の生活に支障をきたすことがないようにしないといけません。しかし、会計ソフトを使えばスムーズにできるようになり、費用がかかるものの準備すればいざというときに役立ちます。

経費として扱える範囲を確かめよう

副業をすれば確定申告が必要になりますが、経費がかかれば課税対象所得から控除されます。経費はあくまでも副業をするために購入したものが該当するため、パソコンやスマホに関してはプライベートやビジネスとして扱われて除外されることも多いです。

パソコンやスマホはインターネットを使えますが、安物であれば通信速度が遅くて副業どころではなくなります。このため、高いものを奮発しがちですが、経費として認められないこともあり注意が必要です。
経費はサーバーや情報商材などが該当しますが、領収書がなければ認められないため発行されるか確かめないと損をすることになります。扱える範囲は税務署によって決められているため、疑問があれば窓口で相談してから手続きをすると便利です。

申告は時間に余裕を持って行おう

確定申告は所得や経費に関する項目を詳しく記入し、証明できる書類を揃えて提出することが求められます。このため、事前に段取りを決めないと肝心なことを忘れやすくなり、控除してもらえなくなり負担する金額が増えると逆効果です。

税務署は期限前になれば利用者が多くなるため、早めに手続きを完了させるようにしないと困ることになります。申告はインターネットで行うとわざわざ窓口に行く必要がなく、きちんと覚えれば多忙な場合でもできて便利です。

確定申告は白色申告と青色申告がありますが、それぞれの違いを把握して手続きをしないと損をすることもあります。申告は記入する箇所が多く時間に余裕がないと間違うこともあり、事前に書類を揃えて会計ソフトを使って作成することが望ましいです。

SNSでもご購読できます。